夏の豆板醤

なんだか夏の気温が毎年少しずつ暑くなってるような気がします。温暖化なのでしょうか。

ただでさえ暑苦しい顔をしていると言われがちなので、暑いあついとはなるべく言わずに、暑さを乗り切るコトを考えるようにしてます。

 

今年の個人的な暑さ対策は麻婆豆腐の自作。これまでは丸美屋や永谷園にお世話になっていましたが、最近は自分で作った方がおいしいと気づき、アホのひとつ覚えで週に1〜2回は作ってます。

 

下の写真は台湾のスーパーで買った豆板醤。夏でも食欲を駆動させてくれるこの調味料、ほんまに偉大やなと感じる今日この頃です。

 

 

f:id:okatat:20190818201310j:image

G20

日本中のお巡りさんが大阪に集結しています。

当社のあたりでは、千葉、埼玉、福島からのお巡りさんをよく見かけます。ご苦労さまです。

 

こんなに大規模に規制が入るとは正直思っていませんでした。明日から車は事実上使えなくなり開店休業状態だと思います。

津田編集長が来社されました

ゴールデンウィーク前のこと。江戸堀印刷所にあの「デザインのひきだし」の津田編集長が取材で来社されました。 創刊以来、ファンとして毎号楽しみにしている私たちとしては、なんだか感慨深いものがあります。

そういえば私のこの「デザインのひきだし」への愛情、6年前にもここに書いていました。

oka.hateblo.jp

oka.hateblo.jp

次号のどんな誌面に、私たちはどんな風に紹介をされるのだろう? なんであっても、こんな素晴らしい雑誌に取材に来てもらえるのは嬉しく、また誇らしくもあります。

ちかごろQRコードの決済が世に出てきました。 そのおかげかどうか、弊社のQRコード生成ページがよく使われているようです。

qr.ag-media.jp

あと、可変印刷ともバリアブル印刷とも呼ぶのですが、1枚1枚が違うテキストやバーコードが埋め込まれたカードやシールの印刷物の問合せも増えてきています。 これってほぼデジタルだけど実体が必要、なら紙で印刷、という需要。なんだかこれまでとは主従が逆転してる感があって面白いと思います。

VOCのセミナー

最近、弊社が印刷工場内VOCをどうやって削減したか、の事例発表依頼が何度か続きました。

これは先週に福岡で開催された九州経済産業局のセミナー。 ガソリンスタンドの業界団体の方とならんで、VOC削減の事例をお話しました。

f:id:okatat:20190129131538j:plain

f:id:okatat:20190129142852j:plain

作業環境測定について

いつもの適当な内容とちがって、ややまじめで大切なことについてのエントリーです。

オフセット印刷工場の現場では、日常的にVOC(揮発性有機化合物)が排出されています。 うちの会社で働く印刷オペレーターのみなさんはじめ、スタッフのVOCによる健康被害を未然に防ぐため、弊社では法令を遵守することはもちろんのこと、できる限り健康に影響の無いインキや溶剤などを使用するようにしています。またそのような取組みは同時に、近隣の環境や大気への影響も軽減することにもなるでしょう。

できるかぎり環境や体に負担の少ない材料を使って印刷しましょう、という趣旨も含んだグリーンプリンティング認証という環境マークを取得したのも、わりと早いほうでした。(2009年9月~)

ただし法律を守ったり、「環境に良い」ことをうたった製品を使えばスタッフの健康被害を防いだり地球環境へ配慮したことになるのでしょうか?それだけでは不十分だと私たちは考えます。 実際に会社内部だけでなく材料業者さんまで含めて「これは大丈夫だよね?」という共通認識のもとに使用していた材料が原因で、法的には問題なかったのにもかかわらず胆管がんという悲しい事故が起きたのも私たちの業界です。

業者さんだっていわば利害関係を共にしているわけで、やっぱり本当に大丈夫です!と言えるためには、彼らの意見は参考にはするけれども100%信じるのはまずいかもしれない。 となると、客観的にうちの会社を見ることのできる本当の化学物質の専門家によって工場の空気の測定をおこない、「使っている材料や工場内の空気については問題ないですよ!」とお墨付きをもらってはじめて胸を張って「健康に悪くない印刷工場です」と言えるのではないでしょうか。

ということで昨年から私たちの自主的な取組みとして、中央労働災害防止協会さんに作業環境測定を依頼、印刷現場の空気の安全性を専門家に担保してもらうことにしました。

このような取組みは印刷業界ではまだ一般的ではありません。ただ、未来に向かって印刷会社と社会との関係性をより良いものにしていくためにも、法規制の範囲外だから気にしなくてもよい、というわけにはいきません。法律を遵守することはもちろんのこと、それ以上に、「健康に悪くない」「環境負荷が少ない」ということを目にみえる形で実証していきたいと思います。

10月に実施していただいた作業環境測定の結果が出て、「この環境で毎日作業しても、健康には全然問題ないですよ」とお墨付きをいただきました。 ただ、これだって使う材料が変わったり、印刷の仕方が変わることでなにがどうなるかはわかりません。安全基準自体が変わるということもよくあることだそうですし。 ということで私たちは年1回、自主的に専門家に作業環境を測定してもらい、この取組を継続させていくつもりです。

f:id:okatat:20170605135836j:plain
中災防の方々に来ていただいています。
f:id:okatat:20171013131746j:plain
すべての印刷機の上にはVOCを一定以上関知するとアラームが鳴るセンサーを設置しています。