読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さよならフィルム製版

つい先日、当社からフィルム製版の機械がすべてなくなりました。
当社はCtP(コンピューターから直接、版を出力する)の導入も早く、90年代初頭から製版のデジタル化へ対応していました。最近は99%以上デジタルデータの運用になっていたのですが、どうしても在版として古いフィルムが残り、ほとんど稼働はせずとも廃棄できない状況が何年も続いていました。


一方で、最近ではオフセット印刷と並行して、デジタル印刷とよばれる電子写真方式の印刷機を増設が続き、置き場所が手狭に。「もうアナログ(フィルム)製版の設備は捨ててしまえば?」という社内の声がどこからともなく上がってきて、今回の決断です。
しかし。アナログな機械を押しのけて、デジタルな機械が新設というのは、時の流れとはいえなんとも・・・

これが業者さんに引き取られていくフィルム製版の機械です。
多分、スクラップにされちゃうんだろうなと思うと長年頑張ってもらった機械だけに、切ないものがあります。20年以上の活躍に終止符。

アナログ製版の設備諸君、長年のお勤めごくろうさまでした。


それにしても、フィルムといいテープメディアといい、自分が幼少、いやオトナになってもしばらくは存在したメディアがすべてデジタルに駆逐されていくのを見るのは壮絶やなーと思います。
こないだ子供と話していたら「巻き戻す」という言葉が通じませんでした。まぁそりゃそうかと。